• トップ /
  • バスの定期券を紛失した

ICのバス定期券

バスの定期券を紛失した

バス定期を紛失した時の対処法

毎日のようにバスを利用するときは定期券を使用することがお得になります。最初にまとまった費用を支払って定期券を購入したものの、無くすという事態に見舞われることがあります。紛失したときの対処法はそれぞれのバス会社によって異なりますから、無くしたことに気付いたときはできるだけ早く会社に連絡します。そしてICカードが埋め込まれているものであれば、個人情報が登録されているので再発行をしてもらうことができます。しかし無記名のものであれば、再発行が不可能なので、再び買い直しをしなければなりません。ただ買い直した後に紛失したものが見つかったら場合は、払い戻しをしてもらうことができます。

実は使いまわしができる定期券

定期券というのは、一般に使う人を限定して売られるものですが、東京都などで採用されているバスの定期券フリーカードのように、持ってきた人が誰でも使えるという変わり種もあります。東京の場合は23区内を運行する通常の路線すべてに乗り放題というもので、名前の記入がないので、家族などで使いまわすことができます。1人が通勤だけに週5日一往復するだけだと、割引率は大きくないのですが、帰りに立ち寄り先があるとか、週末もよく使うという人には、お得感があります。また、通勤用といっても、購入にさいして証明書などが必要なわけではないので、よくバスを利用する家庭なら家用に買って、午前中は誰かが病院に行くのに使い、午後は別の人が買い物に行くのに使うということもできます。

↑PAGE TOP